プラットフォームは中古より新品がお得 2018年度

ビジネスの新しいスタイルとして非常に参考になりました。一度読んで見られることをお薦めします。新規にビジネスを発掘するが非常に難しい時代ですので!この考え方は!今後のビジネストレンドの一つの主流になるのではないでしょうか。

コチラですっ!

2018年01月09日 ランキング上位商品↑

プラットフォームプラットフォーム戦略 21世紀の競争を支配する「場をつくる」技術 [ 平野敦士カール ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ただ、基本的に理解しておくべきことは書かれているので、勉強にはなると思います。この楽天市場もプラットフォームの代表例です。自社や自分に何も取り柄がなくても、まわりの多くの企業や人に助けてもらうことによって大きな成功を生むための戦略、さらにそれらを理論化した正しいフレームワーク、世界中の多くの企業の過去の失敗例、ベストプラクティスなど、理論と実践のすべてを筆者が紹介しています。期待以上の内容ではありませんでした。プラットホーム(=場)という概念は!2000年に大前研一氏が著書「新・資本論」で初めて提唱されたとの事。私が今取り組んでいるのは、ネットでのプラットフォーム戦略でなく、実際に顧客をたくさん持っているので、その顧客基盤をベースにしてのプラットフォーム作りであったため、それほどまでは役にたちませんでした。情報としてはそれほどでしたが!もちろん考え方は役に立ちました。ネット業界に偏った事例が多く登場しますが!アナログの分野にも応用できる内容でした。メインサービスの周りで儲けるWEB2.0的な考えを!発展させたような考えだと感じました。。